血液製剤による
『C型肝炎救済のための調査研究及び安全対策等に関する研究』
2017年11月29日

公開報告会のご案内【仙台】


 過去に、妊娠中や出産時の大量出血、手術での大量出血をした方の中には、特定の血液製剤の投与を受けたことにより、C型肝炎ウイルスに感染した方がいらっしゃいます。この特定の血液製剤の投与による感染被害者の方に対し「C型肝炎特別措置法」に基づき給付金の支給がおこなわれています。
 今回、特別措置法の対象者を救済するための実態把握と、血液製剤の更なる安全性の向上に資する成果を得ることを目的とした研究班のこれまでの成果やこれからの予定を広く皆様に知っていただくために、仙台にて公開報告会を開催いたします。


sendai_ページ_1.jpg

    

※開催場所およびお問い合わせ先については、下記の通りです。

sendai_ページ_2.jpg